フリーランスが大変な理由

フリーランスと聞くと、大阪や東京と言った主要都市に居るイメージですよね。しかし、他の地方でも活躍されている方はいらっしゃいます。どうしてもステージが大きいぶん、都市のほうが目立ってしまいますが、日本だけでなく、世界中どこにでもフリーランスの活躍の場所は存在しているのです。

しかし、フリーランスでよく聞く話は、仕事が無いや報酬が少ないといった不満ばかりで、なかなか言い事を言っているところはありません。そのため、日本ではフリーランスの信用というのが、驚くほど低いのです。

東京や大阪などは人口が多いのに仕事がないというフリーランスの声も多く聞きます。これは本当なのでしょうか。実際にはそのようなことはないと言えます。地方でなら、働ける場所が限られているなどの理由で、そういったこともあるかもしれませんが、経済の中心である都市部では、仕事よりも人手のほうが足りません。これには、なにかしらの理由が存在しているのです。その理由とは、一体どういうことなのでしょうか?

多くの場合、なんの準備もなしにフリーランスになってしまったがために、信頼がないという状態からスタートすることが仕事のない一番の要因となっています。地方から大阪などに出てきた人は、知り合いも居ませんので、どこから信頼を作るのかが難しくなってしまうのです。位置から人脈を築いていくというのほど大変な作業はありません。フリーランスに仕事を振ってくれるのは、信頼のあるところからです。まずは自分が信頼されなければ、仕事はありません。そのため、本来であれば企業で人脈を築いてから、独立というルートが安全だと言われています。

またフリーランスは、性質上継続することが大変であるかと思いますが、何年も続けていくことで小さな仕事を積み重ね信頼を得ていくこともあります。辛酸を舐めてこそ、勝ち取れるものが存在しているのです。長きにわたってフリーランスとして活躍していきたいと思うのであれば、人脈というネットワークの中でしっかり信頼関係を構築してはじめて、また大きな信頼を積み重ねていくのだという意識を忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です